『百円の恋』 - Fuwafuwa's memorandum

Fuwafuwa's memorandum

Data analysis, development, reading, daily feeling.
MENU

『百円の恋』

百円の恋 [DVD]


「私は100円の女だから」というセリフをこうまで格好良く決められるものなのか。

「人の命は何よりも尊い」と言うけれど、モノの値段というものが人の買いたいという気持ちで決まるなら、誰にも望まれない人間は100円程度の価値なのかもしれない。

32歳までニートとして自堕落な生活を送っていたイチコが離婚して実家に帰ってきた妹と喧嘩、家を出て100円均一で働き始める。ロクでもない人間としてロクでもない人間たちに囲まれロクでもない目に遭い、突然ボクシングに目覚めて歳がイキすぎているという理由で馬鹿にされながらもストイックにトレーニングに打ち込む。

安藤サクラ演じるイチコが大層よくて、ぼさぼさの汚い髪に着古した寝巻きで少し猫背気味にタバコを吸う姿は紛れもなく「おっさん」である。人にどう見られるかという意識が完全に欠如しているという意味で、である。

イチコは映画の「お約束」そっちのけで徹頭徹尾笑われ、軽んじられ、痛めつけられる。出来事自体は悲劇そのものだが、人間関係が希薄で美人でもないので誰かが助けてくれるわけでもない。悲劇のヒロインとは言い難い無様さだ。

よく「女は男と違って周りに助けてもらえる」などと言うが、とんでもない。ぼさぼさの髪に眠たい顔をして着古した大きすぎるTシャツ姿でのそのそ歩く32歳を、一体誰が助けてあげようというのか。

イチコが少々強くなったからといって何かが劇的に変化するわけでもない。プロのボクサーとして華々しいデヴューをするわけでもなければ自分をレイプした相手に復讐するわけでもなく、アッサリ男に捨てられその後王子様に見初められるわけでもない。トレーナーに褒められていたストレートも実践の場ではトント活躍しない。

にも関わらずイチコが作中で一貫してどうしようもなくカッコイイのはなぜか。イチコはどんなに酷い目にあっても絶対に他人のせいにしないし、助けを求めたりもしない。自分で考え、自分で行動し、自分でその結果を引き受ける。それがどんなに無様だったとしてもだ。

自分の人生に値段がつけられるとしたらそれは一体いくらだろうか。100万円の女なら多少格好も付くかもしれないが、100円の女はいかにも惨めな感じがする。しかし他人がつける値段に関わらず私たちは生きていかなければならないと考えた時、それが100円だろうと100万円だろうとそこに差はない。生命としての強さと美しさは、どんなに無様だと笑われようがみっともなく闘い続けることの中にこそあるのである。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。