『嫌われ松子の一生』 - Fuwafuwa's memorandum

Fuwafuwa's memorandum

Data analysis, development, reading, daily feeling.
MENU

『嫌われ松子の一生』

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]
中島哲也

アミューズソフトエンタテインメント 2006
売り上げランキング : 8669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初見で「あ〜これは日本人には理解しにくいテーマ設定だな〜」と思ったんですが映画レビューとか観る宗教には一切触れていない人が多いのでやっぱりな感があった。弱くてみっともなくてボロボロでどうしようもない、与えるだけの存在としての神様という非キリスト教圏としてはおよそ理解しがたい不器用な神様像をまっすぐ描いた珍しい邦画。そうなんですこれキリストの話なんですよ。本編でもハッキリと神様と呼ばれているし。

中盤で聖書が出てくる辺りでそれに気が付けないと本当にただ不幸で可哀想な女性が転落し続けるだけの相当な胸糞映画だと思われる。ちなみに原作は序盤からこれより遥かに胸糞な展開が怒涛のごとく続くので読むのを辞めた記憶があるのですが(中学生くらい?)監督はこの辺うまくて内容に不釣り合いなコミカルな演出、極彩色で最後まで観客を惹きつける。観終わってみると賛美歌の亜型なんですよねえ。だからどんなに不幸でも暗くないんだねえ。

その辺踏まえて観ると感慨深いというか生きる意味や愛とは一体なんなんだろうと思わされますね。映画では松子の神性を「人間の価値」という現代的な言葉に言い換えているわけですが、松子の一生は極端な一例にしても生きることは本来過酷なことであることを前提として、その中で弱くも他者を愛そうとする生物の一途さに、ともすれば物質に溺れがちな我々は畏敬の念を抱くのかも知れません。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。