カタコンベ - Fuwafuwa's memorandum

Fuwafuwa's memorandum

Data analysis, development, reading, daily feeling.
MENU

カタコンベ

神の威光が地上を照らしていた頃ペストと飢饉が流行って街中に死者が溢れた。市政は土葬する土地もなく仕方がないので土中に巨大なカタコンベを掘りそこに数十万体の死体を煉瓦のように積み上げて弔ったという。それから300年余りが経過してからその上に女学校が建てられた。バルコニーからは艶やかなコバルトブルーの海と背筋が凍るような断崖絶壁を眺めることができた。

辛気臭い寮に入れられおいそれと街へ出ることもできない女学生たちの間で退屈しのぎの噂が囁かれた。カタコンベのいちばん奥、木と鉄でできた扉は神の国に通じるのだという。神の国、すなわち死だ。不謹慎な人間の何人かが面白がって肝試しをする計画を立てていたが、それが実行に移されたのかどうか私は知らない。その内に長い夏期休暇がやってきて、殆どの学生が帰省した。

同室のMは陰気で無口な女で、かれこれ5年寝食を共にしているがまともに会話したことは合わせて4度ほどしかない。私にも多分Mにも帰るべき家がないので、夏期休暇の間互いに一度も帰省しなかった。私たち二人以外はほとんど誰もいない構内で、私たち二人だけが毎日顔をつき合わせていた。

Mは髪の長い痩せた女で肉は一切口にしなかった。それがどうして、気がついた時には腹だけが張るようになり、今では妊婦のように腹部を抱えて生活していた。Mは男と通じて妊娠したのだと噂されたが、断崖絶壁と森に閉ざされたこの学校ではそれはどうにもありそうにもない話だった。Mは教師から再三病院で診察を受けるよう説得され、夏期休暇が開けた後、教師と連れ立って街の病院に行くことになっていた。

ある朝目覚めるとMが亡霊のように私のベッドの脇に立っており、出し抜けに「神の国はあると思うか」と聞いた。睡眠を妨害された私は腹が立って寝ぼけたまままったく同じ質問をそのままMに返した。Mは口ごもって、返事もせずに私に背を向け、窓辺の椅子に座って海と断崖を眺めた。私が顔を洗い服を着替え朝食を食べ部屋に戻っても、まだまったく同じ姿勢で窓の外を見ていた。私はふとこの女はもうすぐ死んでしまうのではないのかと不安に駆られた。

そんなに気になるなら神の国があるのか確かめればいい。カタコンベを通じて。私とMは外套を羽織って蠟燭ランタンと斧を持ち、カタコンベに向かった。入り口にはこう書かれていた。"立ち去れ、ここから先は死者の国"少し下るとトンネルがあり、ひんやりと肌寒かった。複雑に曲がりくねった廊がずっと先まで続いていた。壁には不規則に部屋が並び、一面に骸骨が敷き詰められ、部屋の中央に十字架が建てられていた。私たちは壁に手をそえて、進行方向を蠟燭ランタンの灯りで照らしながら先へ進んでいった。

時間の感覚が狂う程似た景色が続いた後、私たちはようやく突き当たりにたどり着いた。硬い岩と骨の中に巨大な扉があった。扉の周りには人間の頭蓋骨が敷き詰められ、全員じっと暗い眼窩で私たちを静かに見ていた。Mは扉を開けようとしたが、地重で閉ざされた扉はびくともせず、とうの昔に腐った取っ手がもろもろと崩れた。私はMをどけて斧を振り下ろし、扉を壊そうとした。木でできた部分は数回打った程度で穴が開いた。

もう少しで扉が壊れそうだと思った時、急に突き飛ばされて尻餅をついた。同時にガラガラと頭蓋骨と岩が落ちてきて、私を突き飛ばしたMは脚以外岩と骨に下敷きになってしまった。私は岩と骨を掻き分けてMを助けようとしたが、その間にも無数の骸骨が落ちてきて、Mもろとも埋まりそうになってしまった。私は弱く愚かな女だったので、カタコンベの外に助けを求めなければならなかった。

暗転

私は大目玉を食らったが大した怪我もなく、2ヶ月間の社会奉仕活動の処分で済んだ。Mは岩と大量の骸骨に埋まったせいで内臓を負傷した。街の病院に搬送され、はち切れんばかりに膨れあがりきった腹を開いてみるとMの体内からは別人の人体が取り出されたという。Mがまだ胎児だった頃、双子の片割れがMの身体の一部となって、Mから栄養を摂取して成長し続けたのだろうということだった。カタコンベは封鎖され、入り口は鉄の柵で閉ざされた。

ある日ひょっこりと学校に復帰したMは、あの日と同じように窓から海と断崖を眺めていた。妊婦のようだった腹はすっかり平になり、血色も良く健康的になっていた。あの時私をかばってくれてありがとうというと、Mは首を横に振って、かばったのはMではなく姉で、助けられたのはMだという。

こんなことを誰も信じはしないだろうけれど、とMは言う。Mと体内の姉は物心ついた時からずっと一緒に生きてきたが、成長した姉の肉体にMの身体が耐えられなくなり、あのままでは夏が終わる前にMは死んでしまっていた、姉はMを守るために自分が犠牲になったのだという。

カタコンベの扉の向こうに神の国はあったのかと聞くと、暗くて何も見えなかったという。けれどそうでなければとても命の重みに耐えられないのだと言って、ハラハラと泣いた。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。