ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー 丘沢静也『数の悪魔:算数・数学が楽しくなる12夜』 - Fuwafuwa's memorandum

Fuwafuwa's memorandum

Data analysis, development, reading, daily feeling.
MENU

ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー 丘沢静也『数の悪魔:算数・数学が楽しくなる12夜』

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜
ハンス・マグヌス エンツェンスベルガー 丘沢 静也

晶文社 2000-04-01
売り上げランキング : 1466

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


たまたま寄った本屋の数学コーナーに平積みされており、同業他社の子持ちパパがこの本を進めていたなあと思い出してそのまま中身も見ずに購入した。

さて本日、日本の義務教育において算数が登場するのは小学校までであり、中学校からは数学が新たに科目に加わるが、算数することと数学することの差異はどこに発生するのだろうか。見識者各位は当然ご存知なのかも知れないが私は当然見識者ではないから知らないし取り敢えず当てずっぽうで考よう。それは具体的な数に基づいた算術であるか、抽象化された数の記述のルールであるか、その違いであるとここでは仮定する。

数字をリアルなものから切り離し数学で取り決められたルールに基づき操作すること、そこで割り切れるか否かが所謂数学好き/嫌いの境目であるように思うし、両者の世界観はかなり異なっているので、算数→数学の過程で、得意になったり反対に不得意になったりする子供がいるのはなんとなく想像はつく。具体的な事例に基づいた算術を得意としていた子供は数学の抽象性に戸惑うかも知れないし、あるいは算術が退屈で仕方がなかった子供が、現代数学のパズルめいたゲーム性に取り憑かれて瞬く間に得意になってしまったりするのだろう(この本は子供向けなので、子供を想定して書いているが、大人でもまあ反応は大して変わらないだろう)。

上記ではひとまず算数は具体的で数学は抽象的と仮定してみたものの、とはいえ、そもそも数字という概念自体が極めて抽象的であるということが言及される機会はなかなか少ないようにも思う。ここにオレンジが2個あり、そこにリンゴが2個ある。数字という概念を通して見るとそれはどちらも同じものなのだ、オレンジとリンゴはまったく違うものなのに!このように考える時、数字というものが人間が生きて行く上で編み出されたある種の方便であって、確たる実態を伴わないものであるということが思い出されるのである。

ところが人間が単なる方便で編み出したであろう数字には、人間の意図しなかった規則性が存在したり、あるいは難問と考えられていた問題に思ってもみなかった解法が次々に見つかったりする。そうした素朴な不思議さや、発見することの喜びが、数学という学問分野を駆動した原動力のひとつなのだろう。

「なぜ数学をするのか?」という疑問に対して、「役に立つから」とか「便利な時もあるんだよ」と具体的な事例を示すのも重要な仕事なのだけれど、単純に「楽しいし、嬉しい!」を示すことほど強力なことはないのではないだろうかと私は思う。人間は元来がぐうたらであるので、具体的な便利さにはそれほど食いつかないけれど、それ自体が楽しいことや嬉しいことには滅法弱いのだ。数字にまつわる素朴な疑問や、解が得られた時の純粋な喜びがストレートに書かれていてよかった。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。