Webを捨て、書を読み花を愛で波の音を聴け - Fuwafuwa's memorandum

Fuwafuwa's memorandum

Data analysis, development, reading, daily feeling.
MENU

Webを捨て、書を読み花を愛で波の音を聴け

よくわからないなと思うこと。個々の人のことはよく知らないし私にとって重要ではないのだが、この手の話もいい加減聞き飽きたので。

個人的にライター的な仕事はコスパが悪いと思っているので受け付けないのだが、近頃は若人がこぞって「自己ブランディング」を標榜してWebで書き物をしているらしい。よく観察していると多くの場合背後で数字が動いているのが見える。SNSの「ともだち」や「フォロワー」を「影響力」として、事前にどの程度のユーザーまで波及するのかを計算してからライティングの仕事を振るのが最近よくあるやり方らしい。

KPIを設定してリターンの目測が得られなければ報酬が発生しない時点でその産業は終わっている。投資ができなくなっているのだからそこにはそれ以上の未来はないし、過当競争になるより他ない。ではどんな人が勝ち抜くかと言えばそれは予め莫大な資産を持っている人間だ。産業内で投資が行われないのだから当然だ。ところがこのすでに勝敗の決した産業に参加しようとする若者は減るどころかどんどん増えていく。

ライター養成のサロンやメルマガ・執筆で一発二発当てにくる”人気”ライターが後を絶たない(それもどこまでがマッチポンプなのかはわからないが)。それに感化された大して読むこともせず書くべきこともない人間がするのは大量のコピペだ。この数年でWebはあっという間にコピペで埋め尽くされてしまった。検索結果があまりにも汚染されるので、最近は最早一周回ってBBCとWikipediaしか見なくなってしまったので、私はこの辺の事情に疎い。

私は一時期コピペだらけのキュレーション産業に参加しようと思ったことがある。ただし人力ではなく、トピックを決定し文章を作成し更新するまで全自動の。いくつか部品を作って自宅でRuby on Railsの環境を作ったところでWelqが問題化したので辞めてしまったが。クリエイティブな仕事というのは往々にして機械で代替できてしまう。1文字1円というのはその価値しかない仕事だからだ(念のため、低賃金を是とする主張ではない)。

Webを捨て、書を読み花を愛で波の音を聴け。そこに人間の生があったのではないか。簡単に手に入らないものを簡単に手に入れようとするな。自分の価値を大して重要でもない無関係の他人に委ねるな、ということである。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。