日本の雇用:メンバーシップ型企業において重要視される能力 - Fuwafuwa's memorandum

Fuwafuwa's memorandum

Data analysis, development, reading, daily feeling.
MENU

日本の雇用:メンバーシップ型企業において重要視される能力

2014年文部科学省で行われた有識者会議における、大学を一部のトップ校以外を職業訓練校とすべきという主張が当時話題になっていました。この発表における「即戦力となる実学」の例が果たしてその意に沿うものであるか否かはともかくとして、大学において生活の糧にならない学問よりも実学を学生に身につけさせるべきという主張は珍しくもありません。一方で「一体どのような能力が企業に求められているか」という問題には答えがなく、就職活動に取り組んでいた多くの真面目な学生が随分疲弊していたようでもあります。

日本では任意の職能に特化して企業間を流動的に渡り歩くジョブ型雇用よりも、特定の企業に属し企業内で出世していくメンバーシップ雇用が一般的ですが、明治期においては寧ろジョブ型雇用がより一般的であったようです。被雇用者である職工は親方に属し、親方は職工を統制し、企業と交渉する立場にあったようです。当時は職工たちが企業に定着しないことが問題であり、人材を企業に定着させるインセンティブとして、雇用されている期間が長くなるほど賃金が高くなる年功序列制度や退職金が導入されるに至りました。

しかしなお雇用は流動的なままであり、日露戦争前後には企業が学卒者を直接囲い込み産業戦士として育成するようになります。これが今の新卒採用制度の走りとなり、常に企業に雇用されている常勤の職工と、需要に連動して一時的に雇用される臨時工が二分されるようになります。代わりに親方を介した雇用体制は廃れていき、職工たちはかつての親方制度のようなメンバーシップから不可避的に放り出さる事になります。

日中戦争を始めとする戦時体制下の中にあっては、このような企業による新卒の囲い込みは政府によって先導され、中小企業においても職工の教育が義務付けられ移動が規制されるようになりました。それまで職工の人事や管理を担っていた親方の地位が低下するに伴い、所謂ホワイトカラーの需要が増し、こちらは高学歴を優先的に採用するようになったようです。この時期の労働争議は極めて苛烈であり、労働側は特に戦時下の不況における解雇といった問題について勝利を勝ち取っていきます。

第二次大戦後には占領軍の下、かつてのメンバーシップ型ではなくスキルに基づいたジョブ型の労働形態を形成しようとしますが、個々の企業における被雇用者のメンバーシップは極めて強固であったためにそれが撥ね付けられ、企業と交渉するための労働組合そのものが企業毎に結成されていきます。労働側は特に企業による解雇といった問題に強弁に反対し、企業側はやがて産業が大きく変化しても解雇することを躊躇するようになり、被雇用者の転属、転勤、そして単身赴任が当たり前になっていきます。

1950年、1960年代までは、経団連および政府は何度も雇用をジョブ型に移行するよう喚起してきましたが、1970年代のオイルショックで先進諸国が大不況に陥る中、日本型雇用がポジティブに見直されるようになるのに従い風向きは一変します。人材を評価する際に重要視されるのは抽象的な”職務を遂行できるであろう潜在能力”であり、個々のスキルや成果ではなく、人柄や忠誠心、評判が何より重視されるようになっていきます。これは昇進や転属といった問題に関わらず、新卒の採用や”不適格者”の解雇、内定取り消しといった問題においても重要な要素となっていきます。

こうした歴史的背景によって日本における人材採用制度では求職者に求められる能力というものが曖昧化し、ひいては大学教育において重要視される教育が不明確になり、それが実学に基づくカリキュラム実現の妨げになっている側面が否めません。日本における雇用は契約による被雇用者における労働力の企業への譲渡であり、ジョブ型就労が想定されているにも関わらず、現実の就労状況は今尚強固にメンバーシップ型就労が維持されており、その建前と現実のギャップが裁判による判例法理によって埋められてきたようです。

その矛盾は歪みとなって就労者や企業、新卒、被雇用者の肩にのしかかり、あらゆる種類の社会問題の原因となっていますが、そのメンバーシップ型雇用自体、必ずしも政府や経団連によって強制されたものではなく、労働側の強固な争議、世論によって企業による雇用の義務が法廷により支持されてきており、政府や経団連も都度その流れに翻弄され組み込まれてきたようです。

日本の雇用と労働法 (日経文庫)
日本の雇用と労働法 (日経文庫)濱口 桂一郎

日本経済新聞出版社 2011-09-16
売り上げランキング : 32479


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。